ドレスの選び方

披露宴テーブル

結婚式のウェディングドレスを選ぶ上で、選考基準は多様に存在します。
一番気になるのは花嫁の魅力を引き立たせる衣装かどうかですが、それ以外に何に気を付ければ良いのでしょうか。
大切なのはタキシードとの釣り合いです。
結婚式の主役は新郎新婦の両人ですから、二人並んで最適な衣装を用意する必要があります。
新郎のタキシードには白、黒、グレーなど多様な色がありますので、ウェディングドレスもそれに合う一着を選ぶようにしましょう。
また大切なのはチャペルとの相性です。
チャペルが荘厳な場所であればミニスカートやカジュアルすぎるドレスは似合いません。
ブライダルフェアを利用して式場を下見した上で、その場に相応しい一着を選びましょう。

ウェディングドレス以外に花嫁が結婚式で着用できる衣装と言えば白無垢が挙げられます。
白無垢は伝統的には武家の女性が着用していた結婚衣装です。
その発祥は室町時代にあるとされており、歴史古い礼服である事が分かります。
白無垢にもいくつかの種類が存在していますが、レンタルする場合10万円~35万円が相場価格です。
値段によって素材の品質に大きな差が生まれるのはウェディングドレスと異なりませんので、あまりに安価なものは選ばないようにしましょう。
白無垢の色は純白だけでなく生成のものがあり、模様も鶴や梅など多様なものが存在しています。
購入する際は良く選ぶようにしましょう。
一般的にホテル内部にあるサロンには白無垢が少ないと言われています。
専門店で借りたりレンタルする事がベストです。