平均相場

ウエディングケーキ

ウエディングドレスには大きく分けて二つあります。
結婚式での正装と言われている純白のものと、お色直しで着用する色ドレスです。
通常は純白のもので式をあげ、披露宴ではお色直しとして平均1~2回色ドレスへと着替えるという流れとなっているのです。
こうした色の違いというのもありますが、形にも様々な種類があります。
オーソドックスなものは爪先までが隠れるほどの、裾の長いタイプとなっています。
しかし近年では膝丈や膝上丈といったミニスカートタイプのものも珍しくはなくなってきました。
また、マーメイドタイプといって、身体のラインに沿ったデザインとなっており、裾の部分だけが尾ひれのように広がったタイプのものもあります。

ウエディングドレスというのは、貸衣装店で取り扱っているのが一般的です。
大抵の場合には結婚式場や美容院と提携を結んでいて、実際に式をあげるところと提携を結んでいる店舗から衣装を借りるといった流れとなります。
そうした場合には、靴やティアラといった小物も同時に借りることが可能です。
貸衣装店も大きく分けて二種類あり、こうしたドレスを専門に取り扱っているところと、通常のパーティー衣装や七五三の衣装など雑多に取り扱っているところがあるのです。
また結婚式場でドレスを所持しているところもあり、そうした場合には式場所有のものから選ぶといった流れになることもあります。
数は少ないですが、写真館などでも所有しているところは存在しています。